image not found

2021/01/09 インスタンスにパスワードを設定する箇所の誤りを修正しました。kolla-ansibleとは公式ページOpenStack 環境のデプロイメントツールです。更に、完全にカスタマイズ可能であることも大きな特徴です。加えて、CentOS や Ubuntu などの多くの Linux ディストリビューションに対応しているのも大きな特徴と言えます。なお、デプロイには Ansible が利用されます。他にも devstack や microstack など数多くのデプロイメントツールが存在しますが、これらは開発環境向けで、カスタマイズが困難であったり、再起動したら壊れてしまうものなど、扱いにくいのが現状です。また、 kolla-ansible と同様に Ansible を利用して OpenStack 環境の構築を行う openstack-ansible なども存在しますが、こちらも筆者環境での検証では再起動したら壊れてしまうものでした。そこで、今回は kolla-ansible を利用してみることにしました。なお、 kolla-ansible ではすべてのコンポーネントを1つのサーバ上で動作させる all-in-one 構成と、複数のサーバをクラスタリングして利用する multinode 構成を選択することができます。今回は all-in-one 構成を構築してみます。multinode 構成については、次回以降取り扱う予定です。インストール準備kolla-ansible では CentOS や Ubuntu などを利用することができますが、本記事では Ubuntu 20.04 LTS を利用しています。事前に python3 などを用意しておく必要がありますので、必要なパッケージとともに導入します。$ sudo apt update$ sudo apt install python3-dev libffi-dev gcc libssl-dev$ sudo apt install python3-pipインストールされた pip3 が最新バージョンであるか確認します。$ sudo pip3 install -U pip続いて、 Ansible をインストールします。$ sudo apt install ansiblekolla 及び kolla-ansible

About

インフラエンジニア
主に作業ログ

About Me

Archives