top

この記事は、CyberAgent 22 新卒 Advent Calendar 2021の19日目の記事です。さいごに概要本記事では、自宅でサーバーやネットワーク機器を運用する筆者が、普段の運用をどのように行っているかを紹介します。また、後半では運用していく中で発生したトラブル経験などを紹介します。サーバーとはサーバーと言われてどのようなものを想像するでしょうか。一般的に、自宅サーバーなどと言われると自宅に中古のデスクトップPCなどを用意してサーバーとして運用するような形を想像する方が多いと思います。しかし、コンピューターにはサーバー用に設計されたものが存在します。これらはデータセンターなどで運用され、サイズ等が規格化されておりラックサーバーなどと呼ばれています。また、これを搭載するための専用のラックが存在しており、ユニット数(U)でいくつかの種類があります。このラックを使用することで、上方向へ積み上げてサーバーを設置することが可能になります。ラックサーバー自体は当然、一般家庭に設置することを想定したデバイスではありませんから、静音性より冷却性能の方が重要です。そのため、基本的に静音性とは無縁です。(サーバーラックに搭載されたラックサーバーの例)自宅サーバーを運用するメリットでは、デスクトップPCなどを使用する場合を含め自宅でサーバーを運用するメリットは何でしょうか。まず一つ目は、学習機会を得られるということです。AWSやGCPといったパブリッククラウドを利用するのと違い、自宅でサーバーを運用するには、物理レイヤーからすべて自分で設計や構築を行う必要があります。パブリッククラウドが普及した近年では、手間が掛かる事から嫌厭されがちですが、学習することに重点を置けば、より多くの学習機会が得られるというメリットがあると言えます。その中では、ネットワークに関する知識のほか、ハードウェアに関する知識も必要となります。そして、こういったレイヤーの知識は経験も重要です。この経験は、実際に運用していく中で原因切り分けなどを実施することで身に付く部分が多い分野でもあります。もう一つは、シビアにコストを気にする必要が無くなるということです。パブリッククラウドでは、インスタンスの起動時間や通信量による課金でコストが掛かります。例えば、パッケージを再インストールしたい場合などに、追加でコスト

About

インフラエンジニア
主に作業ログ

About Me

Archives