top

概要本記事では、Ubiquiti Networks社が提供するEdgeRouter製品でIPv6トンネル接続を行った場合のスループットについてまとめます。検証機器次のリストに示すデバイスでテストを行いました。検証環境検証に使用するトンネル接続には、IPIP6及びIP6GREを使用し、スループットの計測はiperf3を使用して計測を行いました。構成はローカルでP2Pで接続されたIPv6ネットワーク上に検証機器で示したデバイスを接続しています。また、対向のデバイスは一般的なラックマウントサーバにVyOSをインストールして使用し、計測上のボトルネックとならないことを確認しています。なお、都合上、検証機器上にiperf3サーバを立てる形で計測しています。そのため、多少の負荷がルータにかかる状態である点に注意してください。計測結果ModelIPIP6IP6GRE備考:CPUEdgeRouter-X136Mbps138MbpsMediaTek MT7621AT (880 MHz, 2 cores)EdgeRouter-Lite85Mbps84MbpsCavium CN5020 (500 MHz, 2 cores)EdgeRouter-8243Mbps246MbpsCavium CN6120 (880 MHz, 2 cores)EdgeRouter-4912Mbps914MbpsCavium CN7130 (1 GHz, 4 cores)まとめ計測結果より、搭載されているCPUの世代やクロックがスループットに大きく影響していることが読み取れます。加えて、EdgeRouter-4はファンレスで消費電力もEdgeRouter-8と比べると各段と少なく、とにかく性能が欲しい場合には選択肢の1つとなるでしょう。もちろん、国内でも容易に入手可能で安価なEdgeRouter-Xでもそれなりのスループットが確保できると言えるため、選択肢として十分有力でしょう。参考になれば幸いです。

About

インフラエンジニア
主に作業ログ

About Me

Archives