top

背景前回はお借りした機材を利用して100GbEをテストしました。今回は、手元に Mellanox ConnectX-4 があったので、こちらを再度簡単にテストしてみることにします。検証機材今回は、NICとケーブルを前回と異なるものでテストします。(ちなみに前回はお借りした機材でしたが今回はすべて私物です。)詳細MachineFujitsu Primergy CX2550 M2CPUIntel Xeon E5-2690v4 x2MemoryDDR4 ECC RDIMM 128GBNICMellanox ConnectX-4 100Gb(Ethernet) MCX415A-CCATCableIntel QSFP28 100G-CWDM4 module (SPTSBP2CLCKS)OSUbuntu Server 20.04.4 LTSMellanox ConnectX-4 MCX415A-CCATIntel QSFP28 100G-CWDM4 module準備初めに、ドライバをインストールします。手順は前回と同様です。Mellanoxのドライバは公式サイトからダウンロードできます。IPアドレスについて、前回と同様に 10.0.0.1/24 と 10.0.0.2/24 を使用し、以下のように直結することにします。10.0.0.1/24 ---------- 10.0.0.2/24設定はnetplanを用いて行いました。2つのNIC間は100G-CWDM4モジュールとシングルモードファイバー(duplex)を用いて接続しました。リンクアップを確認ethtool コマンドを用いて、100Gbpsでリンクアップしているか確認します。$ ethtool ens11np0Settings for ens11np0: Supported ports: [ FIBRE ] Supported link modes: 1000baseKX/Full 10000baseKR/Full 40000baseKR4/Full 40000baseCR4/Full

top

準備今回は、Ubuntu 20.04.1 を使用しました。Ubuntuに最初から入っているドライバは使用せず、Mellanox公式から取得したドライバを使用することにします。今回は、MLNX_OFED_LINUX-5.1-0.6.6.0-ubuntu20.04-x86_64.tgzを使用しました。取得したファイルを解凍します。$ tar zxvf MLNX_OFED_LINUX-5.1-0.6.6.0-ubuntu20.04-x86_64.tgz$ cd MLNX_OFED_LINUX-5.1-0.6.6.0-ubuntu20.04-x86_64/解凍されたディレクトリの中にある、mlnxofedinstallを実行します。$ lscommon_installers.pl DEBS LICENSE RPM-GPG-KEY-Mellanoxcommon.pl distro mlnx_add_kernel_support.sh srccreate_mlnx_ofed_installers.pl docs mlnxofedinstall uninstall.sh$ ./mlnxofedinstall実行後、新しいドライバを使用するにはopenibdの再起動が必要な旨のメッセージが表示されますので、指示に従います。Installation passed successfullyTo load the new driver, run:/etc/init.d/openibd restart$ sudo /etc/init.d/openibd restartIPアドレスについて、今回は10.0.0.1/24と10.0.0.2/24を使用し、以下のように直結することにします。10.0.0.1/24 ---------- 10.0.0.2/24OSインストール時にIPアドレスの設定はしていませんので、 Interface は Down な状態になっています。そこで Interface を Up にしますが、設定を保存しておく必要はないので今回はipコマンドを使用しました。$ sudo ip link set enp65s0 upIntef

About

インフラエンジニア
主に作業ログ

About Me

Archives